照明の新しい常識?LED照明を家庭で用いるメリットを学ぼう!


耐用年数が長く明度が高い

LED照明は従来の電球や蛍光灯に代わる、利便性の高い照明機器として広く普及しています。当初は工場など一部の施設だけで使われていましたが、技術の進歩によって一般の家庭でも使用できる安価な製品が販売されるようになりました。既存の設備にそのまま取り付けることができるので、LED照明を購入してすぐに室内を明るく照らすことができます。LED照明の特徴として耐用年数の長さが挙げられます。一般的な蛍光灯は約10000時間が性能を保持できる限界ですが、LED照明は約40000時間まで品質を保つことができます。1日に12時間点灯させた場合、9年以上使い続けることが可能です。また、LED照明は日中でも眩しく感じるほど明度が高いので夜間でも室内を明るく照らすことができます。

紫外線を放出しないので屋外でも使用できる

LED照明は通電している間も紫外線を放出しない特徴があります。従来の照明は屋外で使用すると虫が近づいてきますが、これは照明機器から放出される紫外線に反応しているためです。この点、LED照明は紫外線を出さないので屋外で使っても虫が集る心配がありません。ガレージや庭などを明るく照らしたいが虫が集るので照明が使えないという問題が生じないので、安心して暗がりを照らすことができます。紫外線の他、熱もほとんど発生しないので火傷や火災の危険もありません。LED照明は電力消費量も少ないので、長く使うほど電気代を安く抑えることができると言えるでしょう。一方でLED照明は頻繁にスイッチを切り替えると性能が低下するおそれがあります。

LED照明を導入する場合、長時間照らし続ける所を優先するのが賢い使い方です。

LEDライトパネルを使用すると、展示物や広告看板を印象的に表現することが出来ます。暗い場面でも対象物をまんべんなく明るく照らします。